スポンサーリンク

太閤立志伝Ⅴ 攻略日記4/8 姉川の戦い、浅井家滅亡

スポンサーリンク

外交で勲功を稼ぎたいので、弁舌を教えてもらいたい!

弁舌でソートすると、Lv4は明智光秀だけ・・・。

技術を教えてもらうのに親密度が高くないといけないんですが、

明智光秀はすごく上がりにくいんですよ。

弁舌どうしよう。鍋島直茂がいたら弁舌すごいので教えてもらえたのですが~。

もう毎回織田信長は言うことを聞いてくれますw

軍備してもな~。調略は色々やりやすいんですよね。

柴田勝家から五月雨撃ちを教えてもらいました!

とりあえずLv3でここまで覚えられれば弓はかなり使えます。

そういえば足利義昭の二条城に

細川藤孝さんがいたことを思い出しました!

彼は弁舌Lv4です!

何回か親交を深めるために茶会をしてたら

手合わせを願われ・・・。

なんなく倒したら細川藤孝カードゲット!

というわけで本題の弁舌を教えてもらいます。

今回は5000貫の貢物を朝廷にしました。

松平元康(徳川家康)が浜松に移転。

さっきの5000貫で官位をもらいました。

勲功も160とやっぱり5000貫出すと

勲功もあがりますね。ちなみに最高は確か180。

世の中金だなぁ・・・。

足利義昭の不穏な動きが・・・。

また弁舌を教えてもらいに細川藤孝宅へ。

細川藤孝はけっこう不在ですが、

京都付近をウロウロしてるので話しかけると家に戻ってきてますね。

弁舌がLv4になりました!

今回の仕事は朝廷がなかったので、

甲賀との親密を深める役目。

うーん勲功80じゃもう足りないなぁ。

でも朝廷相手じゃないと80が限界。

足利義昭が織田信長を倒すように各大名に書状を書いてますね。

恩知らずだなぁ。

様子を伺いに足利義昭の元へ。

スパイを捕まえたらやっぱり裏切ってた!

朝倉家との戦いがはじまります。

朝倉家は同盟している浅井家と仲が良いので

問題が発生してますね。

浅井長政に嫁に出した信長の妹のお市から

浅井が裏切ったと知らせがきます。

木下藤吉郎が殿になります。

場所的にも浅井・朝倉のしんがりってかなり厳しいと思うんですが・・・。

殿戦。朝倉は弱っちいので簡単です。

こっちも蜂須賀小六とか優秀な部下が入ってますし。

まずまず。

増田がメンバーに入ってるのはまずいなぁ。

増田は戦闘てんでダメなのでw

戻ったら信長から褒められます。

勲功があがりました!

本願寺挙兵。

これで伊勢・志摩の時に落とした長島城が

また本願寺になるんじゃなかったかな~。

やっぱり足利義昭の仕業か!

弁舌の特技カードないかなと思って

細川藤孝宅いったらもう何もないとのこと!

家に帰ったら家老宅になってました。

豪華になったなぁ。

家も変わったし茶会を開きました。

いや~政務が高いメンバー!

右側全員政務90台です。

裏切った浅井家を許すわけもなく討伐へ。

浅井・朝倉vs織田・松平の姉川の戦いがはじまります。

まぁこっちのメンバーは強すぎだし、

朝倉は弱いので楽勝です!

第一勲功!

姉川の戦い勝利!でも、野戦で勝っただけなので

浅井朝倉の城は全然落ちてません!

柴田勝家から弓乱射を習得!

確かこれで弓は全部なはず。

柴田勝家ってそんなに弓上手だったんですね。

大河ドラマとか見てても全然知らなかった。

ついでに時間があったので建築も勉強します。

建築は家老になったり、自分が城主になったりしたら役に立つ技能です。

浅井・朝倉がまたしても不穏な動きをしているようです。

一度は攻め取った坂本城ですが、

浅井・朝倉がそこに集結して織田に対抗しようとしているようです。

というわけで、さっそくイベント攻め!

かくまおうとしていた高野山延暦寺を

信長は焼き討ちにします。

これはすごい有名ですよね!

織田信長の悪名が一気にあがった事件でもあります。

織田家筆頭の丹羽長秀とも技能を教えてもらいたいので

茶会で仲良くしておきます。

丹羽長秀は建築が得意なんですよ。築城!

浅井家を攻め滅ぼすスイッチが入りました。

早めに城主になりたいので、提案はなし。

家老になったので、

もう一軍の大将に選ばれるようになりました。

あまり大将になることはなかったのでめずらしいなぁ。

丹羽長秀から建築のお勉強をします。

逆に合戦じゃなかったら

合戦をどんどん提案していきますw

また大将に選ばれた!

大体柴田勝家が大将になるんですけどね。

今回秀吉の統率が高いからかな。

火急普請のカードをゲット!

技能もかなり極まってきました。

建築もLv4になりました!

また合戦!

浅井家の最後の城が落ちます・・・。

嫁いだ信長の妹、お市は城を脱出することになりました。

浅井家の最後です。

一度は弟と呼んだ浅井長政を攻め滅ぼすことになるとは、

なかなかつらい時代ですね。

まぁその前に浅井が織田を挟み撃ちにしようとしたからですけど。

今浜城をもらいました!

とうとう城持ちです!城主です!

ついでに改名!

織田家筆頭の

柴田勝家の柴と丹羽長秀の羽をもらって

羽柴秀吉になります。

出世頭だけあって他の先輩たちへの心配りも一応するんですね。

うーん、ギスギスしてるw

見た目もガラッと変わりました。

悪名が高いのは破壊とかばかりしてたからですねw

すぐに信長に話しかけて、

寄騎をもらいます。寄騎とは織田信長の配下だけど、

一時的に貸してもらう感じです。

まず統率でいうとオールラウンダーですでに家老な丹羽長秀さん。

戦闘能力の高い滝川一益さんあたり。

次は金稼ぎに政務。

村井貞勝さんと松井友閑さんあたりですね。

最初、城主時代に与力にもらえるのは4人までです。

城主になったので、清洲へ小一郎を迎えにいきます。

通常母親のなかは農民スタイルなんですが、

城主の母親なので着物になってますねw違和感あるなぁ~。

小一郎をとうとう仲間にします!

小一郎は秀吉の財政面を支えただけあって

お金稼ぎが得意!他にもなんでも器用にこなすオールラウンダーでもあります。

別に戦に連れて行っても普通に強いです。

赤字になるけど、もう城主だから気にしない!

今浜城を改築案がでます。

城に入るといきなり黒田官兵衛が仲間に・・・。

ものすごい能力の持ち主です。

有名な軍師官兵衛ですね。

そしていとこの福島正則と、

加藤清正が配下に入ります!

加藤清正のほうが政務も多少できるようです。

でも基本的には戦バカ!

でも戦に強い連中はもっとたくさんいるし

戦争は自分を含めて5人しか出せないのであまり活躍の場面はないです・・・。

織田信長はとうとう反抗しまくってる足利義昭将軍家を

お取り潰しになる様子。

足利義昭、一瞬の将軍家でした。

これって他の大名に書状を送らなければ

ずっと足利幕府は残っていたんでしょうか。

城で近くを散歩して人を集めたら?みたいなこと言われたので

今浜の町で石田三成を仲間にします!政務の天才ですね。

今まで京と石山を往復してせっせこ貯めてきたお金を

全部軍資金に入れます。

これを元手にお金を増やしてもらいます。

個人貯金は全部下ろす!

最初の司令はこんな感じになりました。

お金も兵糧もないので出来ることが少ないです。

2万貫も自分で稼いだお金入れたのに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました